交通量の多いところで、苦手とされる運転技術に、右折がよくあげられます。

最近では、交通量の多い交差点では、右折の補助信号機があることが多いため、右折でてこずる機会は少ないかもしれません。

交通量が多い場所で最も要求される運転技術は車線変更です。

右折であれば、あらかじめ右側方向に入っておく必要があります。

工事等で、進行が制限されている場合は、それらを避けるための進路変更も必要となります。

道路の右側を走行する場合は、一般的に左側を走行する場合よりも速度が速い傾向があります。

左側からそのままのスピードで右側へ進路変更を行うと、後続車から追突される危険性もあります。

進路変更を行う場合は、あらかじめ前の車との間に距離をとって加速できる距離を確保しておくことが重要です。

進路変更では隣を走る車の後ろに入ることも大切です。

追い越して前に入られると、後続車の運転手は、あまり良い気持ちがしません。

サイドミラーに映った車が先に走行したのを確認し、急ハンドルにならないように、ゆっくりと進路を変更しましょう。

進路変更では、ある程度の思い切りも必要です。

ウィンカーを出したまま、スペースが空くのを待っていては、なかなか行きたい方向へ行くことができません。

しっかりと、後続車に自分の存在をアピールするのもポイントです。