お車の免許をお持ちの方は、カーブや狭い路地などでぶつかりそうといったそんな経験が1度はあるのではないですか?

これは、内輪差が原因でお車には全ての車両に内輪差というものが存在しているのです。

そんな中、この内輪差というのはお車を運転する上で最も大切な事で、これが理解できていなければとんでもない事となってしまうのです。

それでは、お車で走行する時の内輪差とは一体どんなものなのでしょうか?

それは、前輪よりも後輪が内側を通ってしまうという事なのです。

例えば、よくトラックが一般道などを走行している場面を見かけた事があると思いますが、トラックはおもいっきり右に曲がる時左に車体をふって右折しているのです。

これは、車体が長ければ長いほど内輪差というものが生じてきますので、車体の後方がぶつからないようにする為にあるのです。

それでは、内輪差の事を全く考えないで右折したらどうなっているのでしょうか?

間違いなく右の障害物にぶつかって事故を引き起こしているのでしょう。

ですから、お車を運転する上で内輪差を理解する事は、とても大事な役割を果たしているのです。

だから、どんなお車に乗っても内輪差というものがあると考えて安全な走行を徹底して下さい。