カーブの走り方に注意

| 未分類 |

自動車を運転するのは通勤や商用のみならず、走ることそのもの楽しむドライブという楽しみが有ります。

市中の道路は直線や交差点ばかりで、スピードはあまりでませんが、郊外に出かけると山道はアップダウンの他にクネクネと曲がる道路がたくさんあります。

ベテランドライバーはテクニックを駆使して山道を爽快に走ることが出来ますが、運転テクニックが未熟な初心者や若者、休日だけ走るペーパードライバー、サンデードライバーには、苦手意識があると思います。

ゴルフ02運転技術が未熟な人は減速が旨くできず、前方車との距離が詰まったりして、曲がっている途中でブレーキをかけてしまい、渋滞や場合によっては事故を招恐れが有ったりします。

山道の走り方の基本に「アウト・イン・アウト」及び「スローインファストアウト」の考え方があります。

車両重量が重たくてスピードのある車の場合は外側に飛び出そうとする遠心力が働くので、カーブに差し掛かる前の直線部分での十分な減速をしてギアを充分に下げます。

最近ではミッション車の方が珍しいのでオートマ車であれば、多段オートマチックを1段減速させるか、スポーツモード、OD(オーバードライブ)ボタンを押してエンジンブレーキによる減速とフットブレーキをかけます。

そして外側・内側・外側を意識しながら曲がっていきますが、最後のアウトしていくときに、アクセルを徐々に踏んでギアがトルク域に合うようすると、スマートに曲がることが出来ます。

早く駆け抜けるには、充分な減速が基本ですが、路面の状況(アイスバーンや砂ジャリ等が散乱しているようなところ)によっては横滑りが発生するので、事故等が発生しないようにすることが肝要です。