自動車運転には危険がつきものです。

自動車は人や荷物の移動に使われる手段で、自動車文化が発達したことで私たちの生活は非常に便利なものとなりました。

近年、自動車の高性能化でハイブリッドカーやEV車の開発が進み、エンジンのみではなく電力を使ったモーターによる駆動が現実となると、燃費水準は向上し、騒音も少なく、環境にも良いものとなりました。

ただ、このようなモーター駆動の車が生産されるようになると、エンジンのみで走行する通常のガソリン車のようにセルを回し、エンジンを掛けるときに一気に回転数が上がることで、エンジン始動時に大きな音がするもので、周囲の歩行者などに自動車が動くことの意思が伝わりますが、ハイブリッド車やEV車ではエンジン始動とは違い、モーターの電力がオンとなることでほとんど音がしないため、周囲の人に車が動くことが伝わりにくいです。

車が動くことをしっかりと歩行者に確認してもらうために、停車している時に、”これからこの車が動きます”という意思表示のために方向指示器を出しましょう。

方向指示器をはじめとするテールランプなどの点滅灯には前後左右に注意を促す意味があり、とくに方向指示器に関しては車線変更の際に重要なシグナルであると言えるでしょう。