アウト・イン・アウトとはコーナリングをするときのテクニックの一つです。ゴルフ08

コーナーを曲がる際にまず入り口に入る前に道路の外側に多くより、コーナーに侵入しながら内側に寄ります。

その後コーナー出口の外側に向かって走り抜けることです。

状況にもよりますがそのテクニックを駆使することで回転半径を大きくすることが出来、速い速度を維持しつつ安全に曲がることが可能になります。

主にモータースポーツで基本されるテクニックであり、一般道路を走る際にはあまり使われません。

速度をほぼ減速せずに曲がることができるのでエコドライブともいえます。

コーナーが幾重にも続く場合は最短距離を走れるようになり、また、急激にコーナリングをしないことで、Gの負荷が少ないためスピードを落とさずにカーブ抜けることができます。

インから入るとアウトから入るよりも車体の向きを急激に変更しなければならず、スピードを緩めなくてはなりません。

このため、ほとんど減速をせずにカーブを曲がることができるこのテクニックはモータースポーツの基本的テクニックになっています。

一般道ではまず必要がないテクニックといえます。

なぜならまず急激にスピードを出すことがないためです。

そのためエコドライブとしての効果も少なく、最短距離を走るイン・イン・インがよく用いられています。