日常、自動車に乗る上で気を付けるべき点は多くありますが、一番気を付ける点としては防衛という点でしょう。

自動車には大きな危険が伴います。

場合によって自動車は走る凶器となります。

我々の生活に欠かすことのできない自動車は、近年、性能面やデザイン面で目覚ましい進化を遂げ、生活スタイルの一部となっています。

自動車に対する概念は人それぞれで、移動手段として考える人もいれば、自分を表現するものと考える人など様々で、とくにドライブが趣味という人はスタイルにこだわるでしょう。

ハンドルを握ると人格が変わる人がおられますが、本来、ハンドルを握れば最も慎重にならなければいけません。

自動車を運転することで気が大きくなり、ハンドル操作も雑になる人がいますが、交通事情で一番立場が低いのが自動車です。

交通弱者という言葉がありますが、歩行者や自転車に乗る人は、事故の際に被害者になり易い立場で、弱者という言葉の逆に一番優先であることになります。

このことが理解できていないドライバーは非常に多く、このようなドライバーが結果として重大事故を引き起こしているのです。

日常、車のハンドルを握るときに常に危険と隣り合わせという感覚を持つことが安全を担保するポイントとなるでしょう。